• お知らせ・イベント情報
  • ケアライフ倶楽部
  • 在宅介護トップ
  • てとてについて
  • 介護保険サービス
  • 介護保険外サービス
  • サービスステーション
  • 採用情報
  • 採用担当者の声
  • 採用までの流れ
  • 会社概要トップ
  • 企業情報
  • 経営ハイライト
  • 事業案内
  • ドマーニ神戸
  • エレガーノ摩耶
  • エレガーノ甲南
  • 入居までの流れ
  • よくあるご質問
  • 会社概要トップ
  • 企業情報
  • 経営ハイライト
  • 事業案内

総合トップ  > 会社情報 > 企業情報 > 社長あいさつ

社長あいさつ

社長写真.

 昨年は、当社にとって将来の成長を見据えて大きな節目を迎えた年でした。
一つ目は、2018年6月に社名を「スミリンケアライフ」に変更するとともにブランドロゴも一新しました。これまで当社が20年以上に亘って培ってきた質の高いシニアサービスに加え、住友林業が保有する住まいに関するノウハウを融合させ、新たな質の高いシニアサービスの提供を目指すことを社内外に宣言しました。
二つ目は、当社として4番目のホームとなる「エレガーノ西宮」の建設工事が2018年6月に始まり、9月には、販売センター「エレガーノ西宮シニアレジデンスギャラリー」をオープンしました。
 「エレガーノ西宮」の建築工事は順調に進捗し、2019年上旬には居室の予約を開始する予定です。
 これからも、当社は経営基盤を強化し、将来にわたって持続的な発展と企業価値の向上を図り、当社のシニアサービスをより多くの皆様に提供しご満足を頂くため、事業を拡大させることを決断し実行して参る所存です。
 さて、我が国は諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しています。
介護事業を取り巻く環境に目を向けると、2018年は医療・介護の同時改定が行われ「団塊の世代の方々が75歳以上となる2025年に向けて、国民一人ひとりが状態に応じた適切なサービスを受けられるよう、医療機関と連携しながら質が高く効率的な介護の提供体制の整備を推進する」という方針が示されました。その結果、介護報酬改定率は+0.54%となりましたが、今年10月に消費増税も予定されているものの厳しい財源問題を背景に制度の持続性を確保するためには介護事業を営む事業者も介護保険を利用される皆様にも厳しい環境が続くことが予想されております。
 こうした中にあっても当社は、皆様により良いサービスをご提供できるよう全社員が一丸となって努力していきます。ホーム事業では、「介護予防」、「認知症ケア」、「エンド・オブ・ライフケア」を3大サービスブランドと位置付けご入居者おひとりおひとりがこころ豊かに穏やかな生活を送っていただけるよう、医師、看護師、介護士をはじめとした全てのスタッフが連携して支援させていただきます。私どもは皆様の信頼に応えるべく上質なサービスが提供できるよう研鑽、努力を継続いたします。
また、在宅介護事業では、国が目指す「地域包括ケアシステム」の担い手として居宅支援事業、訪問介護事業、訪問看護事業、通所介護事業、福祉用具の各事業を通じて住み慣れたご自宅で満足いただけるサービス提供に努力して参ります。
これからも、皆様に「安全・安心・快適」で楽しく充実した生活をご提供できるよう社員一同一丸となって頑張ります。
 今後とも、スミリンケアライフへのご愛顧とご支援を宜しくお願い申し上げます。

2019年1月吉日

スミリンケアライフ株式会社
代表取締役社長

中根 義信

ページの先頭へ