デイサービス(リハビリ特化型)

お客様個々に運動プログラムを組む、リハビリ特化型デイサービスです。

ご高齢者の自立を支援する介護保険サービスの一つです。午前・午後のいずれか半日のリハビリ特化型のデイサービスです。
お客様個々に運動プログラムを組み実施いたします。

半日の流れ(例)

9時45分

お迎え・ご到着

ご自宅までお迎えにあがります。

9時30分

健康チェック

看護師が日々の体温・血圧などを確認いたします。

9時50分

体力測定(初回、3ヶ月毎等適宜)

姿勢のゆがみを測定・解析

姿勢を評価してゆがみを見つける「ポスチャーアナライザー」を導入。
4方向からの全身画像と体重分布を示す足圧センサーが姿勢のゆがみを計測し、コンピューターによる解析を行います。
おひとりおひとりの身体状態を把握。
その方に合わせて、運動プログラムを作成いたします。

10時00分

個別トレーニング(マシン等)

HUR(フー)マシン

背中まで包み込むシートは安全性が高く、トレーニングに集中しやすい構造です。 空圧負荷のため初動負荷が小さく、関節への負担が軽減され、高齢者でも安全にご使用いただけます。

ニューステップ

全身の運動で、循環器系持久力強化と上下肢の筋力強化が可能なマシンです。
高齢者の方でも移乗が容易で、安定姿勢で楽に運動が行えます。

10時50分

集団トレーニング(準備体操、スリングエクササイズ等)

スリングエクササイズ

姿勢を安定させるために非常に重要とされる深層筋の強化が大きな特徴となっており、日常生活動作のバランス向上が期待できます。
また、腕などに麻痺がある方でも、補助用のコードを使用することで安全にトレーニングを行えるほか、立った姿勢での運動に不安がある方も楽にトレーニングが行えます。

11時20分

整理体操・ストレッチ

11時30分

健康チェック(必要に応じて)

11時45分

お送り

ご自宅までお送りいたします。